top

新型コロナウイルス抗体(定量)検査のご案内

新型コロナウイルス抗体(定量)検査のご案内

当院では血液中の新型コロナウイルスIgG抗体の保有状態を数値として確認できる抗体定量検査を実施しております。
ワクチン接種後にどのくらい抗体がついたか、現在どのくらい抗体を持っているかチェックが可能になります。ワクチン接種後の抗体状態を確認してみませんか?

検査方法

血液採取を行い、検査会社に外注となります。

抗体検査の流れ(予約不要)

①検査ご希望の場合は必ずマスク着用の上、診療受付時間内にご来院ください。
(来院時に体温測定を行い、37℃以上の発熱がある方は検査をお断りさせていただきます)
②受付窓口にて保険証をご提示のうえ、同意書の記入をお願いします。
③処置室前でお名前をお呼びするまでお待ちください。
④お名前が呼ばれたら、処置室にて採血を行います。当日の検査は終了となります。
⑤会計窓口からお名前をお呼びしますので、お支払いください。
⑥検査結果が判明次第、検査結果表のみご自宅へ郵送します。
外注での検査となる為、検査結果は検査3日後~4日後までに発送となります。

検査対象者

  • 新型コロナワクチンを2回接種してから2週間以上経過している方
  • 過去に新型コロナウイルスに感染してから2週間以上経過している方
  • 検査当日を含めて直近二週間において発熱や風邪症状が一切ない方
  • 新型コロナウイルス陽性者との濃厚接触の疑いが無い方

検査費用

保険適用外のため、6,000円(税込)となります。クレジットカードでのお支払いも可能です。

発症してから抗体ができるまで

ワクチン接種後も抗体(+)となります

抗体検査結果について

判定 下肢静脈瘤専門外来 状態
抗体(-) 2.0未満~9.9 過去に感染したことがないことを表しています。
現在の感染を否定するものではありません。
今後も引き続き感染にご注意ください。
加えてワクチン接種をお勧めします。
抗体(+) 10.0以上 現在、感染していることはほとんどなく、過去の感染またはワクチン接種後を表しています。
免疫がある(再感染しない)と思われますが、いつまで陽性が続くかは現在調査中です。

注意事項

  • 抗体検査が陽性となるまで、感染後(ワクチン接種後)約2週間かかると言われております。
  • 感染後(ワクチン接種後)2週間経過してからの検査をお勧めします。