top

在宅医療

在宅医療についてのご案内

訪問診療とは、在宅において療養を行っていて通院が困難な方に対して、患者様の同意を得て計画的な医学管理のもと、定期的に患者様のお宅に伺い診療を行うものです。 当院は在宅療養支援病院として、高齢者施設やグループホームに入居中の方への往診・訪問診療を行っております。

在宅医療は医師5名(内科医師3名、精神科医師2名)、看護師3名、検査技師2名が携わっており施設様、グループホーム様に入居中で通院が難しい方への定期的な訪問による医療提供をさせていただいております。24時間365日いつでも緊急コールを受け、地域の在宅療養支援診療所と連携して必要に応じて往診、入院の受入れを行っています。

当院では在宅医療においても質の高い医療を提供する為、2021年1月にポータブルの超音波診断装置(エコー)を導入いたしました。超音波診断装置は、超音波(エコー)を体内に放射し、反射する音波を捉えて人体内を画像化する装置です。人体に無害で副作用なく、リアルタイムで観察することが可能です。 日本超音波医学会認定超音波検査士による迅速で質の高い検査を提供いたします。

・ポータブル超音波診断装置:Versana Active(GEヘルスケア製)

高画質・高性能を総合的に兼ね備えながら軽量(約5kg)の大容量バッテリータイプの製品で、院内・院外と場所を選ばずに診察が可能です。またスタンバイモードから2秒で診察が可能になることで、腹部から心臓・血管まで幅広い領域に即座にアプローチすることができます。

訪問診療可能範囲

横浜市瀬谷区、旭区、泉区を中心に訪問診療が可能です。(その他の地域でも相談可)

在宅医療申込について

当院での在宅医療をご希望の場合は、当院在宅診療部門(045-302-5001)までご相談ください。病状やご希望を確認させていただきながら、当院の在宅診療についてご説明させていただきます。また施設様、グループホーム様において精神科医師による訪問診療のみを希望される場合もお問合せください。