top

個人情報保護方針

当院は信頼の医療に向けて、患者さまにより良い医療を受けていただけるよう日々努力を重ねております。
「患者様の個人情報」につきましても適切に保護し管理することが重要であると考えております。そのため当院では、以下の個人情報保護方針を定め確実な履行に勤めます。

  1. 個人情報の収集について
    当院が患者さまの個人情報を収集する場合は、原則的に診察・看護・介護にかかる範囲でのみ行います。また、上記以外の目的で個人情報を利用する場合やインターネットで個人情報を必要とする場合は利用目的を予めお知らせし、ご了承を得た上で実施致します。
  2. 個人情報の利用および提供について
    当院は、患者さまの個人情報の利用につきましては以下の場合を除き、本来の利用目的の範囲を超えて使用致しません。
    ①患者さまの了解を得た場合
    ②個人を識別あるいは提供できない状態に加工して利用する場合
    ③法令等により提供を要求された場合
    当院は、法令の定める場合を除き、患者様さまの許可なく、その情報を第三者に提供いたしません。
  3. 個人情報の適正管理について
    当院は、患者さまの個人情報について、正確かつ最新の状態に保ち、患者さまの個人情報漏洩、紛失、破壊、改ざん又は患者さまの個人情報への不正なアクセスを防止することに努めます。
  4. 個人情報の確認・修正等について
    当院は、患者さまの個人情報について、患者さまが開示を求めた場合には、遅延なく内容を確認し、当院の「診療録管理規定」に従って対応致します。
    また、内容が事実ではない等の理由で訂正を求められた場合も、調査し適切に対応致します。
  5. お問い合わせの窓口について
    当院の個人情報保護方針に関してのご質問や患者さまの個人情報のお問い合わせは、1階・医事課(受付)にてお受け致します。
  6. 法令の遵守と個人情報保護法の仕組みの改善
    当院は、個人情報の保護に関する日本の法令、その他の規範を遵守するとともに、上記の各項目の見直しを適宜行い、個人情報の仕組みの継続的な改善を図ります。

平成27年4月1日
横浜甦生病院 院長

当院は患者様の個人情報保護に全力で取り組んでいます

当院は、個人情報を下記の目的に利用し、その取扱には細心の注意を払っています。
個人情報の取り扱いについてお気づきの点は、窓口までお気軽にお申し出下さい 。

横浜甦生病院 院長

当院における個人情報の利用目的
医療提供
  • 当院での医療サービスの提供
  • 他の病院、診療所、助産所、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との連携
  • 他の医療機関等からの照会への回答
  • 患者様の診療のため、外部医師等の意見・助言を求める場合
  • 検体検査業務の委託その他の事業委託
  • ご家族等への病状説明
  • その他、患者様への医療提供に関する利用
診療費請求のための事務
  • 当院での医療・介護・労災保険、公費負担医療に関する事務およびその委託
  • 審査支払機関へのレセプトの提出
  • 審査支払機関又は保険者からの照会への回答
  • 公費負担医療に関する行政機関等へのレセプトの提出、照会への回答
  • その他、医療・介護・労災保険、および公費負担医療に関する診療費請求のための利用
当院の管理運営業務
  • 会計・経理
  • 医療事故等の報告
  • 当該当患者様の医療サービスの向上
  • 入退院等の病棟管理
  • その他、当院の管理運営業務に関する利用
企業等から委託を受けて行う健康診断等における、企業等へのその結果の通知
医師賠償責任保険などに係る、医療に関する専門の団体、保険会社等への
相談又は届出等
医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
当院内において行われる医療実習への協力
医療の質の向上を目的とした当院内・外での症例研究
治療上必要な患部の写真撮影
(褥瘡や下肢静脈瘤ができている患者様や皮膚疾患をお持ちの患者様等の患部を経過記録の目的で写真を撮らせていただく場合があります。)
外部監査機関への情報提供
付記
  1. 上記のうち、他の医療機関等への情報提供について同意しがたい事項がある場合には、その旨をお申し出下さい。
  2. お申し出がないものについては、同意していただけるものとして取り扱わせて頂きます。
  3. これらのお申し出は後からいつでも撤回、変更等をすることが可能です。

個人情報保護に関する苦情・相談窓口 1階・医事課(受付)窓口

症例報告を含む医学論文・学会発表における個人情報保護指針

横浜甦生病院では症例報告を含む医学論文・学会研究会における学術発表において、外科学会関連学会協議会において採択された指針を参考に、下記の通り指針を定めます。

  1. 患者個人の特定可能な氏名、患者ID、イニシャルまたは「呼び名」は記載しない。
  2. 患者の住所は記載しない。但し、疾患の発生場所が病態等に関与する場合は区域までに限定して記載することを可とする。(神奈川県、横浜市など)
  3. 日付は、臨床経過を知る上で必要となることが多いので、個人が特定できないと判断される場合は年月までを記載してよい。
  4. 他の情報と診療科名を照合することにより患者が特定され得る場合、診療科名は記載しない。
  5. 既に他院などで診断・治療を受けている場合、その施設名ならびに所在地を記載しない。
    但し、救急医療などで搬送元の記載が不可欠の場合はこの限りではない。
  6. 顔写真を提示する際には目を隠す。眼疾患の場合は、顔全体がわからないよう眼球のみの拡大写真とする。
  7. 症例を特定できる生検、剖検、画像情報に含まれる番号などは削除する。
  8. 以上の配慮をしても個人が特定化される可能性のある場合は、発表に関する同意を患者自身(または遺族か代理人、小児では保護者)から得るか倫理委員会の承認を得る。
  9. 遺伝性疾患やヒトゲノム・遺伝子解析を伴う症例報告では「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」(文部科学省、厚生労働省及び経済産業省)(平成13年3月29日、平成16年12月28日全部改定、平成17年6月29日一部改正、平成20年12月1日一部改正)による規定を遵守する。

※上記のうち、同意しがたい事項がある場合は、その旨をお申し出下さい。お申し出のないものについては、同意していただけたものとして取り扱いさせていただきます。また、これらのお申し出は後からいつでも撤回、変更等をすることができます。
(発表後の撤回はできませんので、あらかじめご了解下さい。)