top

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

いびきは病気のサインかも!!(いびきが改善されます)

  • 保険診療(保険証)で受診が可能です
  • 呼吸器専門医が患者様の治療をサポートします
下記に該当する項目がありましたら、睡眠時無呼吸症候群(SAS)が疑われます。

いびき 日中の強い眠気 睡眠時呼吸が止まる 夜間のトイレ回数が多い 寝たはずなのに倦怠感、やる気が起きない等

睡眠時無呼吸症候群チェックリスト

3つ以上あてはまる場合は睡眠時無呼吸症候群の可能性が高いと思われます。

  • 家族や友人から「いびきが大きい」と指摘されたことがある。
  • 最近かなり体重が増えた。または、肥満気味である。
  • あごが小さい、あごが引っ込んでいる。
  • 鼻がつまりやすい、鼻に病気がある。
  • 気がつくと口で呼吸している。
  • 高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病がある。
  • 毎晩のようにアルコールを飲む機会が多い。
  • 喫煙者である。
  • 夜寝ているのに、日中に眠気がある。
  • 仕事中に、気付いたら居眠りをしてしまったことがある

睡眠時無呼吸症候群(外来診療日)

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
午前
午後

受付時間:午前8:00 ~ 11:30
診療時間:午前9:00 ~ 12:00

横浜甦生病院
TEL 045-302-5001(医事課)